2カ所といいつつ、前回の「その4」と同様、今回もほぼ自分専用のお一人様Mastodonサーバのお話になります。

既に申し上げておりますとおり、現行のお一人様サーバ「Telmina’s Timelines」につきましては、遅くとも2019年8月末日までには運用を終了し、閉鎖します。 1)運用終了日がこれより早まる可能性は大いにありますが、これより遅くなる可能性はありません。

それに代わる新お一人様サーバにつきましては、2019年5月1日より運用を開始する予定です。

とは言いましても、実は現時点でまだサーバの用意が出来ておりません。

現在のところ、新お一人様サーバにつきましては、次の構成で構築しようと思います。

  • Mastodon v2.8.0 (運用開始時点)Docker構成
  • さくらのVPS 2GB プラン(CPU:仮想3コア、メモリ:2GB、HDD:200GB)
  • wasabi オブジェクトストレージ

なお、個人的には、wasabi、というより、オブジェクトストレージをまだ使ったことがありませんので、正直うまくいくのかどうか不安です。とりあえずは、「Mastodon移住の話からMastodonメディアをwasabiという安いオブジェクトストレージに移管した話まで」という記事を参考にしながら、色々やってみようと思います。

そもそも、何故オブジェクトストレージを使わなければならなくなったのかと申しますと、今回現行のお一人様サーバを閉鎖する理由の1つに、画像等のメディアがディスクを圧迫したからということがあります。そのため今回は、ドメインブロックする気のないサーバ相手にメディア拒否をしなくても済むよう、メディア保存料域を外出しすることにしました。

これだけなら、さくらのVPSでHDDではなくSSDを選んでもよいのでしょうが、ディスク容量に余裕を持たせたいため、あえて速度よりも容量を優先させることにしました。そもそも、現行のお一人様サーバやリベラル専用サーバ「LIBERA S2」でも、メンテナンス最中以外ではパフォーマンスに著しく問題が出たことはありません。それに、最初低スペックプランを選んであとからスケールアップをさせると、予期せぬ不具合が起きる恐れもありますしね。現行のお一人様サーバで起きている不調の理由の1つに、間違いなくそれがあります。

先ほど、新サーバは5月1日より運用を開始すると申し上げましたが、もしそのようにする場合、本日中にさくらのVPSとwasabiに契約しないと間に合いません。明日、明後日はサーバの設定をしている時間を取れませんし、28日は午前中から都内を離れ、30日夕方まで帰りませんので、今晩中に最低限の設定を済ませ、できれば5月1日は午前0時過ぎには運用を開始できるようにしたいのです。

なお、メディアストレージの使用に問題がなければ、後日、「LIBERA S2」にも同様の措置を執ります。そちらのほうはまだディスク容量にかなり余裕がありますが、やはり今後のことを考えて、メディアをMastodonの本体などと分けておきたいと思います。

新しいサーバのURLや新アカウントなどは、決まり次第お知らせします。ただし、経費節減のため、新規にドメインを取得することはせず、「telmina.com」のサブドメインにします。

00

References   [ + ]

1.運用終了日がこれより早まる可能性は大いにありますが、これより遅くなる可能性はありません。

0件のコメント

コメントを残す