新元号がスタートし、それにかこつけたバーゲンセールやよくわからないお祭り騒ぎが始まりましたが、まだしばらくこの流れは続きそうです。

 そういえば、新元号にちなんで、新党が立ち上げられようとしているのを覚えている人、どれほどいるのでしょうか?

 そう。「れいわ新選組」のことです。

 山本太郎氏が自由党を離党して新党を立ち上げることを発表したのは、もう1ヶ月以上も前の話です。これを受けて、発表翌日に、自分もブログでこの話題を取り上げました。

関連記事
【政治】山本太郎氏の自由党離党発表に思う

 この中で、自分はこんなことを書いておりました。

 具体的な寄付額についてはまだ決めかねています。今後の情勢次第になりますが、自分の懐と相談して、今月中に決めたいところです。今回は、ちゃんと所得税控除のことも計算した上で寄付に応じたいと思います。

 ここで述べていた「今月」とはもちろん2019年4月のことですが、実は寄付額については4月中旬になった現時点でも決めかねております。

 と申しますのも、自分は次のようにも述べており、これが自分にとっては結構重要な問題だったりするためです。

 誰とは言いませんけど、山本氏に近い人の中にも、体制側と接点を持ってしまっている人もいます。あと、体制側のスパイが紛れ込まないという保証もどこにもありません。

 今後の情勢次第ですが、「勇者」の顔ぶれ次第では、自分が山本氏の新党に対して寄付する方針を撤回する可能性もあります。

 「れいわ新選組」のサイト自体、4月25日を最後に更新がストップしてしまっており、私が「候補者」の顔ぶれをチェックするすべはどこにもありません。

 山本太郎氏、言っていることはド正論であり、また、一部の極左のように野党共闘の邪魔をしようとしているわけでもありませんので、「れいわ新選組」には、出来ることなら今後ちゃんとしたセ氏等として伸びてほしい勢力だと思っております。

 しかし、いくら山本太郎氏が旗印を立てても、それに群がってくる人間の中に悪意のある者が混じっていたら、その時点で台無しになってしまいます。

 今の段階では、その危険性がどれほどあるのかを量る材料そのものがないため、こちらとしては「れいわ新選組」に対して寄付するか否かすら決めかねているというのが現状です。

 とはいえ、早くしないとあっという間に期限の5月末が来てしまいます。

 遅くとも今週中には、寄付するか否かを決定し、寄付するのであれば速やかに実行したいと思います。寄付する場合、最低でも1万円にはなると思います。 1)別の国会議員の団体に寄付したときもそれぐらいの金額であり、それを下回るということはあり得ない。

 自分に出来ることは限られていますが、山本太郎氏は日本に絶対に必要な国会議員の一人です。山本氏や、氏に賛同する同志たちには、真に国民の代表として国政に携わってほしいと思います。そして、その思いが少しでもある方は、是非、寄付をご検討ください。自分もさっさと決めないと…。

公式サイト
れいわ新選組
00

References   [ + ]

1.別の国会議員の団体に寄付したときもそれぐらいの金額であり、それを下回るということはあり得ない。

0件のコメント

コメントを残す