壊れてしまった iPad 2

 表題の通り、約8年間、だましだまし使い続けてきたアップル社のタブレット端末「iPad 2」がついに使い物にならなくなってしまいました。

 2011年4月に登場したこの端末、自分も販売開始当初に入手し、特に最初の3年間ほどは外出のお供として、ウェブ閲覧やメール確認などで活躍していました。その後、端末を落下させたり、進化し続けるソフトウェア側の事情に性能が追いつかなくなったりしてくると、屋内での動画閲覧用などに用いるようになりました。

 こうして、8年間、だましだまし使い続けてきましたが、昨晩突然、タッチスクリーンが一切反応しなくなってしまいました。そのため、端末へのログインも電源の切断も出来ません。

 さすがに、もう8年も使った端末ですし、最新版のiOSを適用できなくなってから久しく、それにより、アプリの中にも最新版を適用できないものが出始めています。

 本当はここで大金を使いたくはなかったのですが 1)昨日れいわ新選組」に寄付したばかりですしね… 、端末の買い換えも検討しなければならないかも知れません。

 どうせ買うなら iPad Pro 、と言いたいところですが、自分の用途だと10万円を超える金額なんて出せません。12.9インチモデルに至っては、Amazonですら販売価格20万円を超えているとか。ノートパソコンよりも高い。どういった人が買うんでしょうかね…。

 ストレージの容量を考えると、32GBでは全然足りず、64BGでも恐らく足りなくなりそうな情勢です。参考までに、手持ちの iPhone Xs Max でストレージの容量を確認したところ、512GB中、既に120GBを消費していました。

iPhone Xs Max のストレージ

 というわけで、最低でも128GBのストレージは必須(動画閲覧用に使うならそれでもきつい)なので、その時点で選択肢は限られてしまいます。

 実は私、お恥ずかしながら、いまだに「iPad」と「iPad Air」の違いがさっぱりわかっていないのですが、自分の懐具合を考えると、 iPad Air の256GBモデルを買うのは少々厳しいですね…。2019年5月18日現在、ヨドバシ・ドット・コムで買おうとすると77,540円もします

 かと言って、第6世代のiPadがお買い得かというと、どうもそうでもなさそう。こちらも、128GBモデルについては、2019年5月18日現在、ヨドバシ・ドット・コムで買おうとすると52,700円もします。正直、ストレージの容量と価格差を考えると、第6世代のiPadをわざわざ選ぶ理由はどこにもありません。

 実際に端末を買うかどうかは、もう少し検討します。

 ただ、どうやら、これらについては、ヨドバシカメラで実施中のポイント還元率アップの対象外であるどころか、そもそも1%しか還元してくれないようですので、たまったポイントを全部放出して足りない分だけ現金もしくはクレジットカードで支払うという方法が良さそうです。私がせっせとヨドバシカメラのポイントをためる理由の一つに、この手のポイント還元率の低い商品を(感覚的に)安く買うため、というのもあったりします(ぉぃ)。

 もしかしたら、 iPad 2 を完全に放電したあとに充電したら、またタッチスクリーンが復活しないかなどと淡い期待を抱きながら、買い換えについて少し検討します。

00

References   [ + ]

1.昨日れいわ新選組」に寄付したばかりですしね…

コメントを残す