これは業務連絡の類いではなく、ほぼひとりごとです。

興味のある方だけお読みください。

…というわけで、表題の件につきまして。

現在私は、既に実質的に使用を停止している旧御一人様サーバを含め、3箇所のマストドンサーバを運営しております。

今後の運営方針について、そろそろボチボチ考えなければならなくなりました。

旧御一人様サーバ「Telmina’s Timelines」につきまして

まず、旧御一人様サーバにつきましてですが、当初予定を二ヶ月前倒しし、2019年6月末に完全に廃止しようと思います。

理由は色々ありますが、主に管理上の都合によるものです。

つきましては、旧御一人様サーバのアカウントをフォローいただいている方で、まだ私の新メインアカウント「@Telmina@one.telmina.com」をフォローいただいていない方におかれましては、お手数ですが、できれば6月中旬までに、新アカウントへのフォローをお願い致します。

なお、旧御一人様サーバで使用しているVPSの契約は来年1月まで残っており、半年間も塩漬けにするのもあまりに勿体ないので、何らかの再利用法を考えたいとは思いますが、こちらについてはまだ白紙の状態です。ただし、正月に述べていた、RPGツクールユーザ向けのサーバを作る計画については、撤回しております。

もしかしたら、後述の「LIBERA S2」の構成を変更するときにテスト用に用いるかも知れません。

リベラル専用サーバ「LIBERA S2」につきまして

LIBERA S2」につきましては、現時点で運営終了の予定はございません。

ただし、諸般の事情につき、連休明けに変更するはずだった利用規約につきましては、いまだに実施のめどが立っておりません。

しばらくは現行規約のままで運営を継続し、問題が起きたときはケースバイケースで対応させていただきます。

なお、規約以外での「LIBERA S2」の今後についてですが、一般ユーザの方々が気にする必要はあまりないものの、内部的には大きな変更を計画しております。

先述の旧御一人様サーバ廃止時期あたりに、「LIBERA S2」のサーバ構成の変更を計画しております。

具体的には、当初このサーバを立てるときに採用した「Docker」構成を廃止し、非Docker構成に切り替えようと思います。

私がそもそもDocker構成を採用したのは、不定期に発生するMastodon本体プログラムの更新作業のときに、手順を誤ることによりサーバのデータを破壊してしまうことを避けるためという事情がございました。

しかし、Docker構成の場合、データベースに何かあったときに逆にリストアしづらいという問題があります。

折しも、今月の連休終盤のときに、新御一人様サーバ(非Docker構成)の更新作業に失敗して、クリーンインストール後にデータベースのバックアップを戻して前日時点のデータで復旧するということをしました。そこで、データを守ることを最優先にすると、非Docker構成のほうが有利だということがわかりました。

また、Mastodon本体プログラムの更新作業も、非Docker構成のほうが手間は掛かるものの短時間で終わる傾向にあるようです。

とりあえず、6月末頃まではDocker構成のままで様子を見ますが、非Docker構成の新御一人様サーバの運用に特に大きな問題がなければ、「LIBERA S2」につきましても、再セットアップの上で非Docker構成に切り替えようと思います。

詳細につきましては、決まり次第お知らせします。

新御一人様サーバ「Telmina One」につきまして

先月下旬より使用開始した新御一人様サーバ「Telmina One」につきましては、連休終盤に一度更新作業に失敗してしまい、再セットアップする羽目になりましたが、その後は順調に運営できております。

こちらにつきましては、私専用ということもあり、特筆すべきことはございません。

繰り返しになりますが、旧御一人様サーバのアカウントをフォローいただいている方で、まだ私の新メインアカウント「@Telmina@one.telmina.com」をフォローいただいていない方におかれましては、お手数ですが、できれば6月中旬までに、新アカウントへのフォローをお願い致します。

00

0件のコメント

コメントを残す