SONY WF-1000X

 今年の正月に大枚はたいて購入し、すぐにがっかりしてしまったソニーのフルワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N」。

 その後、本体のソフトウェアが更新可能になりましたので適用したのですが、やっぱり改善されているとは到底言えない状況でした。

公式サイト
WF-1000X/WH-CH700N 本体ソフトウェアバージョン確認方法,@,ソニー製品情報・ソニーストア – ソニー

 これはもう外出時の使用は無理だと判断した俺様は、自宅PC用に使用することにしました。

 先日、自宅PCとのBluetooth接続もうまくいかないなどと述べておりましたが、先ほど、なんとか接続し、現在iTunesで再生している楽曲をWF-1000Xで聴いております。

 しかしやっぱりこれ、少なくとも2万円前後の金額を出して買うべきものではありません。Bluetooth送信機とイヤホン本体の間に全く障害物がないにもかかわらず、時々音が途切れますので…。屋内でこれなのですから、屋外で使い物にならないのも無理はないですね…。

 私はしばらく、嗜好品にお金を使いたくはないのですが、電車の中での雑音が気になる人間ですので、いずれノイズキャンセリング機能付きイヤホンを買わなければならなくなるときがきっとくるでしょう。しかし、現在店頭に並んでいるもののほとんどがソニー製品であり、この時点で購入意欲が萎えています。

 ソニー以外のメーカーでも、優れたBluetoothイヤホンを作るメーカーはあるんですけどね。是非とも、安定したBluetooth対応ノイズキャンセリングイヤホンを、それらのメーカーに作ってほしいと思います…。

参考記事 @,ヒビノキロク Back Number
池袋・秋葉原散財ツアー・2019/01/02
【お買い物】ソニーのフルワイヤレスイヤホン「WF-1000X」、セカンド・インプレッション
イヤホン買い換えたい @ ヒビノキロク Back Number
関連記事
久々にWF-1000Xを取り出して更新してみたが…

00

コメントを残す