先代ブログあたりから何度か申し上げていることではありますが、ぜひとも、リベラル諸氏に、「Mastodon」等の分散化SNSに参集して欲しいと思います。

昨今また、発言力のあるリベラル派の方がTwitterのアカウントを凍結されたなどという話を聞いております。

その事情について、私自身は追いかけていないので詳細についてはわかりませんが、Twitter等の既存のSNSを追放されたり、そうでなくても居心地の悪さを感じたりした方々には、ぜひ、分散化SNSの海に飛び込んで欲しいと思います。

私自身も、Mastodonを用いて、「LIBERA S2」というリベラル専用コミュニティを開設していますが、残念ながら、リベラルもしくはそれに近い思想を持つ人々、まだまだ分散化SNSの世界では少数派ですし、また、コミュニティも自分が知る限りでは片手で数えられるほどしかありません。

分散化SNSには、大手SNSのような「全体を管理する人」は存在しません。その代わり、私みたいな人間が小さなコミュニティの管理者になることができ、コミュニティごとに異なるポリシーやルールで運営されています。

とはいえ、やはり発言の拡散力という点では、大手SNSには遠く及びません。分散化SNSの特徴の一つである「連合」機能を以てしても、参加者の総数が少ない(上にリベラル派の数はさらに少ない)ので、まず利用者数の拡大は急務だと思います。

ただ、私の「LIBERA S2」のような小さなコミュニティであれば、大手SNSが失ってしまった風通しのよいコミュニティも実現可能です。

そこで、作戦会議や内輪向けの話には分散化SNSを多用し、外向けの拡散すべき話を大手に持ってゆく、という使い分けを、提唱したいと思います。

尤も、私の「LIBERA S2」は、残念ながらかなり私の好き勝手に運営しているのが実態です。いわゆるネトウヨ等の悪意ある者からコミュニティを守るためには、かなり信頼できる相手であっても下手にモデレータ権限など渡せないのです。

とはいえ、もしとあるコミュニティの運営方針に不満がある場合でも、分散化SNSであれば、(お金はそれなりに掛かりますが)自分自身でコミュニティを立ち上げることもできます。それもひっくるめて、もっと多くの方に、分散化SNSに参加して欲しいと思う次第です。本音を言うと、政党や市民団体等にももっと分散化SNSを活用して欲しいんですけどね!

最後に、「LIBERA S2」へのリンクを貼っておきます。ご興味のあるリベラル諸氏は、ふるってご参加下さい。なお、ユーザ登録は承認制になっていますので、もしTwitterなどで私と繋がっているなら、ご自身のアカウントを自由記述欄に書いていただけると、登録承認判断の手助けになります。ただし、その場合、ニセモノ防止のため、必ず事前に登録する旨のご連絡をいただきたいと思います。

00

0件のコメント

コメントを残す