参議院議員選挙の中盤情勢も出てきました。

 まだ全国の情勢を見切れてはいませんが、我らが東京選挙区では、序盤とあまり変わらない状況で進行している模様です。

 しかし、この情勢調査って、報道各社はどのようにして数字を出しているんでしょうかね? 私はこれの元になっているような調査を受けた記憶が一度たりともないんですけどね…。

 さて、選挙の時期になると情勢をまとめている三春充希(はる) ⭐2019参院選情勢情報部さんのサイトによりますと、どうも、一人区において、野党陣営は相当苦しい戦いを強いられている模様です。

 東京選挙区では、今のままの情勢で行けば、どうやら護憲勢力で改選数の半分の3議席は確保出来そうです。

 とはいえ、先日私も演説を聴きに行った、立憲民主党公認候補の山岸一生氏が当落線上にいますので、自分はこの人を落とさないために、今後よほどのことがない限りは山岸一生氏に票を投じるつもりです。

 もしも山岸氏が当落線上から抜け出して当選確率が上がっているならば、苦戦が報じられている野原氏の支持に回ることも考えましたが、護憲勢力全体の底上げを優先し、今回もこの選択を取ることにしました。

 前回、3年前の参議院議員選挙の時も、自分は当落線上にあった野党候補である当時の民進党の小川敏夫氏に投票しました。小川氏は接戦を制し当選。

 これと同じことを、山岸氏に起きることを期待したいです。この方は元朝日新聞記者。それなので、国会の場での与党への鋭い切り込みを期待出来ます。小川敏夫氏が「国会の鬼検事」のキャッチコピーで選挙に挑んだ元検事であるならば、山岸氏には是非とも「国会の鬼記者」になってもらいたい。

 なお、これまで何度も「#比例はれいわ」で確定などと申し上げておりましたが、この方針、変更します。

 「#比例は山本太郎」。これでいきます。

 比例投票先の方針変更を決意するきっかけとなったツイートがこちら。

 特にこの中で、

私たちが300万票以上取れば、残りの比例代表メンバー7人の中で、一番得票の多い人が入れる。

というのが重要です。

 出来れば比例の9人(さらには東京選挙区の野原氏含めた10人)全員当選してほしいのですが、少なくとも、日本の憲政史上恐らく最も国民に近い目線で活動してきた政治家の一人である山本太郎氏については、絶対に落選させてはなりません。彼には、もっともっと国会の場で活躍してもらわなければなりません。

 そのため今回は、比例票に「山本太郎」と書くことにしました。まかり間違っても2文字目を田んぼの田にしてはいけません。

 別に「山本太郎」と書いたところで、他のれいわ新選組の比例候補を切り捨てることになるわけではないというのが重要ですね。是非、全国から「山本太郎」への支持をお願いします!!

 なお、本日17次から、品川駅江南口で「#れいわ祭」なるイベントが開催されます。近場の自分は超行きたいのですが、時間的に残念ながら無理です。東京やその周辺にお住まいの方で、現地に行かれる方、是非ともレポートをお願い致します!

 最後になりましたが、今の日本の自民・公明主体の政治に不満のある方は、棄権などはせず、必ず護憲勢力に投票しましょう!

日本に希望を

日本に希望を
(コピペ拡散自由ということなので使わせていただきました)

 日本共産党、社会民主党、れいわ新選組、国民民主党、立憲民主党。

 今回の選挙でこれらの勢力が伸びるか否かで、日本の今後の運命は大きく違ってきます。

 今の先進的な憲法を守りたい方、年金を減らされたくない方、消費税を増税されると困る方、政治家の横暴が目につく方、戦争に巻き込まれたくない方、食の安全を守りたい方、原発に頼らないエネルギー政策を期待する方、ほか、今の政治を変えたい方は、必ずこれらの勢力に投票してください!

00