金曜日の「#れいわ祭」に引き続き、昨日も私は、「れいわ新選組」の街宣に行ってきました。

 昨日は3カ所でおこなわれたようですが、私が足を運んだのは、そのうち2回目の新宿駅西口の街宣でした。

 そこで登壇したのは、今回は比例代表で立候補した山本太郎氏と、東京選挙区から立候補した野原ヨシマサ氏です。

山本太郎氏と野原ヨシマサ氏

 今回私は、「#れいわ祭」のと気とは打って変わって、Twitterではなく、分散型SNSプラットフォーム「Mastodon」で私自ら運営しているリベラル専用サーバ「LIBERA S2」にて現地レポートをしておりましたが、やっぱり、Twitterと違って反応がわずかしかないですね(苦笑)。

関連スレッド
Telmina🔵: “三時から、新宿駅西口にて、 #れいわ新選組 の街宣がおこなわれる。 #参院選2019”LIBERA S2

 「#れいわ祭」と重複する部分も多々ありますが、流れを追ってゆきますと、こんな感じでした。

  • 野原氏、辺野古新基地建設問題や、公明党がもはや平和の尊い得なくなっている現状について、関心を持ってもらいたいと訴える。
  • 山本氏、「れいわ新選組」への寄付金が3億円に達したことを発表。
  • 山本氏、日本「だけ」が20年間もデフレが続いていると述べる。生活が苦しいと訴える世帯が半数を超え、消費や投資も弱まっている、とも。
  • 山本氏、消費税は「廃止」にすべきと訴える。「凍結」は「増税」と大差ない。それに、消費税を払えずに苦しんでいる中小企業も多いという話も。
  • 山本氏、消費税廃止後の財源についても明示。所得税と法人税。しかも、現在はフラットな税率の法人税は累進課税する。
  • さらに山本氏、消費税納税額は1ヶ月分の所得にも相当することを述べ、消費税を廃止することで、物価の低下と実質賃金の上昇、さらに企業側での投資も喚起されると述べる。
  • 山本氏、全額社会保障に回すと言われた消費税が、実際はその16%分しか社会保障にまわっていないと述べる。そして、増税分は大企業や富裕層への減税の穴埋めだとも。
    さらに、実際に消費税を廃止して経済が好調になったマレーシアの例を挙げる。
  • 今回の選挙は政権を取るための選挙ではない。しかし、次の衆議院議員選挙、さらに3年後の参議院議員選挙に剥けたステップアップと考えている。
  • 山本氏が早急に手を打つべきと述べた政策。消費税廃止、奨学金(返済)チャラ、政府保証のもとでの最低賃金上昇。少子化やデフレへの対策にはこれらの政策が必要。
  • 権力を持てばやりたい放題出来るなら、今とは真逆の方向に使おうよ。そのためには、(れいわ新選組の)10人のややこしい人たちを国会に送ってほしい。
  • 野原氏、昨年の沖縄県知事選挙以来、辺野古新基地建設反対の民意は何度も示されているが、政府は聞く耳を持たない。
  • 野原氏は、今のところ創価学会から除名されていないとのこと。公明党が、新基地建設反対と言いながら、賛成する候補を推薦し続けている矛盾を指摘。
  • 野原氏、政治改革をする手っ取り早い方法は、公明党を潰すことと断言。サイレントクレーマーの取り込みが野原氏の課題。
  • 山本氏、公選はがきを取り出して、これを広めてほしいと訴える。

創価学会の三色旗もちらほら

 今回、創価学会の三色旗をちらほらと見かけたのが印象的でした。現役創価学会員の野原氏に対する期待度は、自分が認識しているよりもよほど高いのかも知れません。

 あと、街宣自体は熱気に包まれてはいました。いたのですが、普段は賑やかなはずの新宿駅西口も、街宣の最中、特に山本太郎氏の演説中は、周囲の人が皆じっと聞き入っているかのごとく、シーンとしていました。時々シャウトする人はいましたけど、それがより一層、周囲が演説に聴き入っていることを強調していました。

 こういう場を作るの、山本氏は本当にうまいんだなと思いますね。しかも言うことはデータを示しつつド正論で攻めてくる。

 山本太郎氏のこれまでの6年間の国会内外での活躍は、よほどのアンチ以外は誰もが認めるところだろうと思いますが、やはりこの人は日本の国政に絶対不可欠な人材なんだと、改めて思い知らされました。

 そして、そんな山本氏に共感し、地元・沖縄ではなくあえて公明党の代表がいる東京選挙区からの立候補を決めた野原ヨシマサ氏も、やはりすごい人だと思います。並大抵ではない勇気のいる行為だと思いますし、選挙情勢ではかなり苦しい立ち位置にあるものの、やはりこの人も落としたくありません。

 もし、まだ「れいわ新選組」の街宣に足を運んだことのないという方は、是非、ネット上の動画を見たり、近くで街宣がおこなわれる方は是非直接目撃することを、強くお勧めします。そして、多くの人に、「れいわ新選組」のことを知らしめましょう。マスコミが報じない現状では、口コミが非常に重要なのです…。

 …こういうときに、自分に友達がいないことが悔やまれます。

00