ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス  (その1)

 昨日、帰宅途中に立ち寄ったコンビニで、見たことのないヱビスビールを見かけたので、カッとなって買ってしまいました。

 そのビールは、「ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス」。

 ヱビスと、フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏が手を組んだとのことですが、これだけでは一体何のことやらさっぱりです。

 ジョエル・ロブション氏はフランスのシェフで、日本国内にも東京に6つの店舗を持っているとのことですが、ご本人は昨年亡くなられているようです。

参考記事
ジョエル・ロブションWikipedia

ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス (その2)

 そんなロブション氏の最後の監修となった商品が、これから口にする「ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス」です。

 どんな味なのかまるで想像つかないのですが、さぞ上品な味わいであるのでしょうね…。

 というわけで、口にしてみます。

 ヱビスであってヱビスじゃない。

 濃厚なコクと味わいはヱビスそのものですが、普通のヱビスよりもまろやかな味わいのように感じます。「繊細な香りと味わい」かと言われると疑問符がつきますが、上品であることに代わりはありません。

 ヱビス好きの方は、お早めに確保しておくことをおすすめします。私ももう何本か買いたくなってきました。

公式サイト
ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルスサッポロビール

00

0件のコメント

コメントを残す