一昨日、「出来れば年明けには脱WordPressを実行したいが…」などと申し上げており、昨日は、候補となったCMSアプリケーションの試験導入には至らなかったものの、いくつかの候補について調査を進めておりました。

 しかし、調べれば調べるほど、これまで私がWordPressのブログでしてきたことと同じようなことをするのは難しいということが判明しております。

 一昨日の時点では申し上げておりませんでしたが、できることなら公開コンテンツはすべて「さくらのレンタルサーバ」に設置したいと考えております。しかし、先日挙げたいくつかの候補でそれを実現できそうなものは「Hugo」のみ。

 では、そのHugoでどうやってコンテンツを作って、どうやって「さくらのレンタルサーバ」に公開すればよいのか、まるでわかっていません。

 とりあえず、自宅PCにはHugoを導入してみました。しかし、その先のサイトテーマを選ぶ段階で、早くも足踏みしています。

 さらにその先の、できあがったコンテンツを「さくらのレンタルサーバ」に公開する方法についてはなおさらわかりません。どうやら「GitHub」を介せばいいらしいのですが、そもそもGitHubの使い方を詳しく知らない自分にとっては、それさえも非常にハードルの高い行為です。実は、私は昨日やっとGitHubのアカウントを作ったくらいです。

 とりあえず、備忘録として、自分がチェックしたウェブページのいくつかへのリンクを残しておきます。

 ただ、特に「さくらのナレッジ」については片手間で読むのは非常に難しいほどの情報量ですので、ある程度時間に余裕のあるときに読みたいと思います。つまり、もし自分が本当に自サイトのコンテンツでHugoを導入することになるとしても、それはどんなに早くても来年以降になってしまいます…。

 それに、やはり、Hugoで作るコンテンツでは、スマートフォンからWordPressアプリと同じ感覚でブログ記事を書くことは不可能であるようです。外出先からの写真投稿もたまにする自分にとっては、これは致命的なのです。「Telmina Project」のようにそもそもブログとしての性格がほとんどないサイトであれば、それでもいいんですけどね…。 1)ただし、「Telmina Project」では、携帯電話からの投稿への対応とはまた別の機能で、WordPressのプラグインを用いているため、そちらの脱WordPressも容易ではないが…

 このままの情勢では、現状のままWordPressを使い続けて、データベースが重くなったらブログを作り直すという運用を続けるか、「さくらのブログ」に移行するかのどちらかとなりそうです。

00

References   [ + ]

1.ただし、「Telmina Project」では、携帯電話からの投稿への対応とはまた別の機能で、WordPressのプラグインを用いているため、そちらの脱WordPressも容易ではないが…