アサヒ クラフトスタイル アンバーラガー

 こんばんは。年末という感覚が希薄なテルミナ™です。

 昨晩に引き続き、今晩もアサヒビールの「クラフトスタイル」を口にします。

 昨晩はIPAタイプを口にしましたので、今晩はアンバーラガーを口にすることにします。

 実は私、いわゆるアンバーラガービールを飲んだ記憶がありません。もしかしたら、飲んではいるけどそれだと気づいていないだけかもしれませんが、とにかく「アンバーラガー」という言葉にあまりなじみがありません。

 それ故、どんな味なのか想像だにできておりません。

 まずは一口飲んでみることにします。

 ビールっぽい…。

 そりゃビールテイスト飲料なんだからビールっぽくて当たり前、と言われるかもしれません。しかし、はじめの一口で感じたクリーミーな泡立ちや、そのあとの麦の味わいは、前提知識なしに口にしていたらビールのものと思い込んでいたでしょう。

 この手の、「リキュール(発泡性)①」というジャンルのお酒、ビールテイストを想起させながら味や飲み応えがそれに遠く及ばないものも少なくありません。しかし、「クラフトスタイル」からは、ビールメーカーの意地のようなものすら感じました。

 いい買い物をしたと思います。

公式サイト
クラフトスタイルアサヒビール
関連記事
【お酒】【数量限定】【期間限定】アサヒ「クラフトスタイル」IPAタイプ

00